スカーゲンのデザインに一目ぼれ

私がスカーゲンと出会ったのは10年前の冬、近所のショッピングモールの時計店でした。その時以前まで使用していた時計が壊れ、奥さんが誕生日のプレゼントをしてくれるとの事でしたので、映画を見終わったそのままの足で時計店を訪れました。陳列している時計を見ている中ですぐにデザインが気になったのがスカーゲンでした。

理由としてはメインはビジネスとして使いつつ、プライベートでつけてもおしゃれなものを目的に探していたのにピッタリと当てはまりました。

見やすいアナログ盤に、他の時計では見られない澄んだ海のようなブルー、太すぎず細すぎず、着け心地と見た目にこだわった砂のような細かい目の黒い金属のバンド。

そしてなにより横から見た時計の薄さと腕にフィットをしやすく少しだけカーブをしている時計の細かさに一目ぼれをしたことを今でも覚えています。

そしてこの時計の素晴らしい所はこれだけ素晴らしいデザインをもっているにもかかわらずコストが安いことがとても魅力的です。その時買った時計は2回電池を替えましたが今でもしっかり動いています。

その後もスカーゲンのデザインを気に入り、今では黒い文字盤にレザーのベルトの時計も購入し、シーズンにあわせて2本使用しています