彼女にプレゼントした腕時計を買ったお金は

今から18年程前、パチンコ店でアルバイトをしていました。

鳴り響き続ける騒音と、地下一階にある事もあって通気が悪く日当たりもなく、今思えばあまり精神衛生上よろしくない環境、しかも私はギャンブル全般を全くやらないので、パチンコやスロットのルールなどが全くわからないで働いていたので、けっこうなストレス漬けの日々でした。

しかしそのような環境にあっても、ささやかな楽しみが少しはありました。

その一つに、ロッカー貯金がありました。

店内を巡回していると、よく小銭を拾うのです。通路に落ちているものもあれば、パチンコ台のハンドルに挟んであるケースもけっこうありました。これは店によっては違反になる所もあるようでしたが、私の働いた店ではお咎め無しだったらしく、小銭が挟まったまま忘れられて空席になっている事が多々ありました。

そのような小銭がけっこうあったので、スタッフルームの自分のロッカーに貯金箱を用意して、しばらく貯めてみようと考えました。

そのパチンコ店でのアルバイトは結局約半年程で辞めましたが、ロッカー貯金は3万円を超えました。

そしてそのアルバイト先で知り合って付き合っていた当時の彼女に、そのお金でカシオのBABY-Gという腕時計を買ってプレゼントした事がありました。

彼女にもロッカー貯金の話はしていたので、お金の出処は知られていましたが、一応その腕時計を気に入って使ってくれていたので、良しとしています。