子供の日に、なぜ柏餅が食べられる理由は

| コメント(0) | トラックバック(0)

子供の日は端午の節句ともいわれ、奈良時代頃に中国の風

習が伝来したものです。

5月5日に行われる男の子の成長を祝うとされる節句です

が、1948年にこどもの日と定められます。

この日には鎧甲冑人形や鯉のぼりといったものが飾られ、

又、この日に食べられるというものに「柏餅」というも

のがあります。

餅は古くから縁起の良い食べ物やめでたい時に食べられま

すが、そもそも何故、柏なのでしょうか。

柏の葉というのは、古い葉がなかなか落ちないことから、

子が絶えないであるとか子孫繁栄の象徴とされました。

元来は神前などに出される皿として使われていましたが、

柏餅に使われるようになったのは江戸時代の中頃からと言

われています。

この風習が参勤交代などにより地方に広まり、端午の節句

の食べ物として広まる事になりますが、地方によっては作

り方や呼び名も少し違うようで、しばもち・いばらもち・

かからだご・おまきなどと言った呼び名も見られます。

又、柏の葉が少いとされる近畿より西の地域ではサルトリ

イバラで挟む事が多く、その他にもホオノキやコナラなど

の葉を用いる所もあるようです。

その中身はこし餡や粒餡がポピュラーですが、味噌餡とい

うところも見られ、又、東北や山陰、北陸地方ではチマキ

を食べる所もありますが、チマキは中国では忠誠心の象徴

という意味合いがあるといい柏餅よりその歴史は古いとい

えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://pavlovs.org/mt/mt-tb.cgi/106

コメントする

このブログ記事について

このページは、mtさんが2015年3月20日 13:46に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「女の子も祝う、こどもの日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。